SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Pinterest、クリエイター向けに新たなコンテンツ公開方法を導入 「ストーリーピン」機能を発表

 ビジュアル探索ツールのPinterestは、クリエイター向けに新機能を導入した。同社は、クリエイターによるPinterest上のビジネス展開を支援する取り組みを強化するため、新機能の実装に至った。

 実装された機能は以下の5つ。

 ストーリーピン

 ステップに分かれた動画、ナレーション、画像、テキストオーバーレイ(画像の上にタイトルや説明を重ねて表示すること)で、ビジュアル主導のストーリーを伝える方法を提供する。

 新しいクリエイタープロフィール

 プロフィールの中心でクリエイターのアイデアを取り上げ、保存したアイデアだけでなく公開済みのコンテンツを紹介できるようになった。また、ユーザーは問い合わせやメッセージカードを介して、クリエイターにメッセージを送ることができる。

 ストーリーピンに対するリアクション機能

 ユーザーはお気に入りのクリエイターのコンテンツで見つけたアイデアに対して、「ナイスアイデア」「いいね」「すごいね」「ありがとう」など各種のポジティブな反応をフィードバックすることができる。

 エンゲージメントタブ

 クリエイターがピンの写真に対する「いいね」や返信を1ヵ所で行うことができ、クリエイターがユーザーと簡単につながれるようになった。

 アナリティクスダッシュボードのデザイン

 ユーザーのエンゲージメントが最も多いカテゴリーなど、コンテンツのパフォーマンス状況を詳細に把握できるようになった。

 ストーリーピンは、米国の一部のクリエイターとともに展開を開始し、今後数ヵ月で、日本を含む世界のクリエイターに向けて提供範囲を広げていく。また、その他の機能はビジネスアカウントを持っていればすでに利用可能だ。

【関連記事】
Pinterest、月間アクティブユーザー数が4億人を突破 Z世代・男性・ミレニアル世代がけん引
アイレップ、Pinterestの運用代行サービスを開始 アカウント開設~効果測定までトータルで支援
料理SNS「SnapDish」、「Pinterest」のレシピピン機能導入
SNSからのリファラーの“質”調査――最も優秀なのはYouTube
日本法人初、楽天レシピにPinterestのレシピピン機能を導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/09/25 10:15 https://markezine.jp/article/detail/34395

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング