SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

monopo、ローカルとクリエイターの共創プロジェクトを開始 呼びかけに応じて期間限定オフィスを開設

 monopoは、地方からの呼びかけに応じて、ローカルオフィスを展開するプロジェクト「monopo Nomadic」をスタートした。

 同プロジェクトは、世界2拠点、10数ヶ国出身のスタッフ、世界各国のクリエイター・クライアントとのネットワークを培ってきた同社と、地方の企業・団体とのコラボーレーションを図ることで、グローバルのクリエイターとローカルの共創を生み出すもの。

 具体的には、地方の団体や人々の呼びかけに応じて、期間限定でローカルオフィスを開設。1地域数ヶ月限定で、「GOTO CREATE」をコンセプトに、期間中にローカルとのコラボレーションプロジェクトをリリースする。

 第1弾では、京都/東京でアートホテルを展開する「BnA」、創業100年をむかえる京都西陣メーカー「織楽浅野」の呼びかけにより、11月12日から京都に「monopo Kyoto Nomadic@BnA」を開設(期間は2021年3月末までを予定)。同オフィスを起点に、地元のアーティストやクリエイター、歴史の深い地産技術とmonopoでコラボレーションプロジェクトを行う。

 なお、monopo Nomadicでは、今後も様々な地方自治体や企業様からの呼びかけを募集しており、次回の開始は2021年4月以降を予定している。

【関連記事】
WACUL、ブランディングテクノロジーの「ローカルビジネス支援パッケージ」において協業
スマートドライブとナイトレイがデータ連携 地域の観光資源の最大化と新たな魅力の発見を目指す
スイッチスマイルとZero-Ten、位置情報を活用した地域活性化事業において業務提携
CCI、地方新聞社のDX推進サポートを開始 Googleソリューションの導入を支援
monopoと東北新社が業務提携 リモート映像制作サービス「STUDIO DISTANCE」を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/11/12 15:45 https://markezine.jp/article/detail/34852

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング