MarkeZine(マーケジン)

記事種別

コロナ禍の年末年始、「出かけず家で過ごす」が6割超え 感染者急増を背景に/クロス・マーケティング調査

2020/12/01 13:05

 クロス・マーケティングは、「新型コロナウイルス生活影響度調査」を実施。以下、一部内容を紹介する。

コロナに対する警戒感が強まった11月

 夏以降、緩やかに下りつつあった定点指標の「直近1週間の不安度」は、11月の感染者数急増を背景に17pt増加。「ストレス度」も10月から5pt増加し、感染者数が多かった7月中旬頃の水準に転じた(図1)。

(タップで拡大)
(タップで拡大)

 「直近1週間の外出目的」では、「出勤・通学・買い出し」以外の項目で10月より外出を控える傾向が見られた。Withコロナ生活への慣れや “行動の幅”が広がってきていた10月までの状況から一転して、再び警戒感が高まりつつある様子だ(図2)。

(タップで拡大)
(タップで拡大)

年末年始に予定していた「旅行」や「買い物」を控える生活者

 今年の年末年始の予定について聴取したところ、「初詣・帰省・旅行・買物・忘年会(新年会)」 といった全項目で、「予定している」との回答は昨年を大きく下回った。一方「出かけず家で過ごす」は、64%でトップに。10月調査時点との比較でも、感染者数増加を背景に各予定が伸び悩む結果となった。(図3)。

(タップで拡大)
(タップで拡大)

コロナ禍で変わった移動手段

 コロナ流行前と比べて、現在の移動手段に変化があったか聴取したところ、「徒歩・自転車・自家用車」の利用が特に増加。一方、「タクシー・電車・公共バス」の利用は減少していた(図4-1) 。

(タップで拡大)
(タップで拡大)

 「徒歩・自転車・車」の利用が増えた理由として、徒歩では「運動不足解消のため」、車では「まとめ買いをするため」といった特徴が見られた。共通する理由としては、「密になるのを避けるため」「近所の移動が増えたため」が上がった。多くの生活者は、不特定多数との接触を避け、小回りのきく移動手段を選択しているようだ(図4-2)。

【調査概要】
調査主体:クロス・マーケティング
調査手法:ネットリサーチ
調査地域:全国47都道府県
調査対象:20~69歳の男女
調査期間:2020年11月20~22日
有効回答数:2,500サンプル

【関連記事】
60代の約6割がSNS利用 高齢層のスマホ行動がコロナ禍で多様化/博報堂DYメディアパートナーズ調査
有料オンラインライブ、「視聴経験あり」は18% リアルへの集客効果も?/クロス・マーケティング調査
オンライン購入で直販を選ぶ理由、「アフターサービスに期待している」が多数/ネオマーケティング調査
外食等の外出を伴う消費に回復の兆しも衣類、アクセサリー、化粧品は依然低迷/クロス・マーケティング調査
国内企業のCXランキングTOP50:くら寿司、ヨドバシカメラらが躍進/C Space Japan調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5