SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ウェビナー参加、会社に連絡せず「こっそり」が3割以上/気軽な情報収集の印象が強い傾向【シャノン調査】

 シャノンは、企業でサービスや製品を導入する際、情報収集や選定に関わる20歳以上の男女を対象に実施した「ウェビナーに対するイメージと参加状況に関するアンケート」の結果を発表した。

参加者のうち、3割以上が会社に知られることなく参加

 ウェビナーに参加したことがあると回答した191人のうち、参加した経緯について「会社からのすすめで参加」と回答した人は61.8%、「自発的に参加」と回答した人は37.2%だった。

 一方、過去ウェビナーに参加したときの人数については、33.5%が会社に連絡せず一人で参加したことがわかった。「会社に連絡せず一人で参加」と「会社に連絡して一人で参加」を合わせると、一人で参加した人は7割以上を占める。

 さらに2つの質問をあわせて集計すると、会社からのすすめで参加した人であっても、そのうち31.4%が実際には会社に連絡せず一人で参加していたことがわかった。

ウェビナーのイメージは「参加しやすい」「対面より気軽に質問できる」

 ウェビナーに対するイメージについて該当するものを選択する質問では「移動時間がないので物理的に参加しやすい」「対面より気軽に質問できる」がそれぞれ3割を超えた。また、「当日参加できなくても、アーカイブ動画で視聴できて便利」を選択した回答者は36.5%にのぼった。

【実施概要】
調査主体:シャノン
対象者:企業でサービスや製品を導入する際、情報収集や選定に関わる20歳以上の男女
対象者人数:883人(男性441人、女性442人)
回答期間:2020年10月23日(金)~25日(日)
実施方法:ネットリサーチ

【関連記事】
日本企業の74%がDXに着手 推進の障壁はDX人材の育成【電通デジタル調査】
2020年の動画広告市場は2,954億円、昨年比114%の見通し 販促用の広告需要が増加【CA調査】
Cookie利用の同意バナー表示、国内大企業の4.75%に留まる【Priv Tech調査】
Twitterで2020年話題になったツイート・ハッシュタグは?【Twitter調査】
2020年日本のネットサービス利用者数/利用時間ランキング、動画やQR決済が上昇【ニールセン調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/12/22 14:15 https://markezine.jp/article/detail/35192

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング