SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Legolissと日本マイクロソフトが協業 AIや機械学習を活用したデジタルマーケティングの実現へ

 Legolissと日本マイクロソフトは、マイクロソフトのAIや機械学習を活用したデジタルマーケティングの実現に向け、協業を開始した。

 まず両社では、マイクロソフトのパブリッククラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を利用する企業向けに、Legolissが自社開発したマルチクラウド対応のカスタマイズ型CDP(カスタマー・データ・プラットフォーム)「kukuLu(ククル)」を提供する。

 これにより両社では、CDPであるkukuLuをAzure上に構築することで、Azureでのデータ活用をより身近に実現する。また、AzureのAIや機械学習を活用し、kukuLuに蓄積するデータを分析することで、消費者行動をより幅広く捉えたデジタルマーケティングを可能にする。

 協業による具体的な取り組みとして、LegolissではAzure利用者に対するCDP kukuLu構築、Azure利用者に対するAzure上へのPC・スマートフォン・タブレット等マルチチャネルの音声・テキストデータの統合・分析基盤構築に対する支援を提供。

 また、日本マイクロソフトでは、LegolissおよびCDPサービスkukuLuの開発チームに対して、「マイクロソフトクラウド&AI人材育成プログラム」を通した、AI関連技術のトレーニングを提供するほか、市場ニーズの理解とテクノロジーについてセッションを開催し、「AI・機械学習」とCDPの融合による新サービスの創出を支援する。

 なお両社では、同ソリューションに関する技術支援パートナー企業を募集し支援体制を拡大していく。

【関連記事】
Legoliss、カスタマイズ型CDP「kukuLu」を強化 主要データソースとの連携をシームレスに
インティメート・マージャー、Legolissと協業 ポストCookieを見据えたシステム開発を始める
エンバーポイントとトレジャーデータ、「統合メッセージングプラットフォーム×CDP」のパートナーへ
DACとD.Table、低コストなCDP体験サービス「CDP EGG」の提供を開始
Sprocket、トレジャーデータの「Arm Treasure Data CDP」とシステム連携開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング