MarkeZine(マーケジン)

記事種別

オトナルとコエステ、AI・音声合成技術を活用した音声広告配信サービスを開始 音声の量産を可能に

2021/01/14 14:45

 オトナルとコエステは、音声合成技術を活用したデジタルボイスによるデジタル音声広告配信サービス「コエステ音声広告配信」を開始した。

 同サービスは、コエステのAI・音声合成技術により音声広告用の音声クリエイティブを人工的に生成し、オトナルの広告配信プラットフォームを活用してデジタル音声メディアへの音声広告配信を行うもの。

 これにより、収録の手間を削減し、実際の人間による収録では実現の難しい大量の原稿パターンによる広告クリエイティブ作成や、音声原稿の改善を実現する。

 具体的には、デジタル音声広告の特徴であるユーザー属性や配信日時・シチュエーションごとのターゲティングに合わせて音声クリエイティブを出し分けることで、リスナーの一人ひとりに合わせた広告メッセージをパーソナライズ化して届けることが可能に。

 また、媒体社などの各種データとの連携をすることで、リスナーの趣味嗜好やコンテンツの接触履歴など、その人に合わせたメッセージを広告クリエイティブとして配信することが可能に。バナーやSNSの運用型広告のように、広告配信状況を見ながら広告運用によって音声クリエイティブの細かな文言調整を行っていくなどの対応もできる。

 なおコエステが提供するサービス「コエステーション」では、AI・音声合成技術を使って一般人から有名人まで様々な人の声の特徴を学習し、その「コエ(声)」で自由にしゃべらせることが可能になっている。

 コエステ音声広告配信においても、コエステに登録されたタレント・著名人のデジタルボイスを使用した音声広告配信に対応。広告契約を行うことでAI・音声合成技術で生成されたタレント・著名人のコエ(声)を音声広告配信に使用することができる。また、コエステに登録がないタレント・著名人の場合も、新規でAI・音声合成技術によりコエ(声)として登録することで、音声広告への活用が可能になる。

【関連記事】
エフエム東京と博報堂DYMP、オンデマンド音声ビジネス領域における協業を開始 広告主向けの企画も予定
オトナルと朝日新聞社、音声ニュースアプリ「朝日新聞アルキキ」で音声広告枠のプログラマティック販売開始
音声広告のオトナル、リアルタイムにメッセージを変化させる「ダイナミックオーディオ広告」を開始
トライバルメディアハウス、人気声優を起用する音声広告プランニングサービスVoice Birdを提供
音声広告のオトナル、ブランドリフト調査プランを開始 広告接触者の購買意向・ブランド認知の変化を可視化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5