SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第53号(2020年5月号)
特集「テレビ活用、その進化と真価」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

JR東日本リテールネットとロケーションバリューが「NewDaysアプリ」を開発 スタンプ機能を搭載

 JR東日本リテールネットとロケーションバリューは、ロケーションバリューが提供する公式アプリ開発サービス「ModuleApps」を活用し、JR東日本リテールネットが運営する「NewDays」の公式アプリとして「NewDaysアプリ」を共同開発した。

 NewDaysアプリでは、NewDaysから発売された新商品や、キャンペーン情報が確認できるほか、アプリで発行されるクーポンが取得が可能。また、対象商品を購入するたびにスタンプが貯められる「スタンプ」機能を搭載し、ユーザーはスタンプがどのくらい貯まっているかをアプリ上から確認できる。

 今回開発に活用されたModuleAppsは、実店舗を運営している企業や自治体を対象にした公式アプリ開発サービス。「モジュール」と呼ばれるあらかじめ開発したアプリ機能(サンプル・雛形)から、必要な機能を組み込むことで自社オリジナルの公式アプリを短期間で開発できる。モジュールにない機能も、オーダーメイドでの開発可能としている。

【関連記事】
2020年の国内モバイルアプリ市場、非オーガニックインストールは都心に集中【AppsFlyer調査】
Reproが「洋服の青山」のOMO推進パートナーに アプリ・ウェブのマーケティング支援を開始
アプリ開発プラットフォームを提供するヤプリ、マザーズ上場を発表
アイリッジ、会員証などの機能提供を可能にする「LINEミニアプリ構築プラットフォーム」を発表
CA、小売向け「LINEミニアプリ」開発パッケージを提供開始 自社アプリ機能をLINE上で提供可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング