SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

クロスロケーションズ、人流統計データを提供開始 位置情報ビッグデータのAI解析システムとAPI連携

 クロスロケーションズは、同社がクラウドサービスとして展開する位置情報ビッグデータ活用プラットフォーム「Location AI Platform(ロケーションエーアイプラットフォーム、LAP)」の利用ライセンス提供に加えて、LAPのコアシステムである分析エンジン「Location Engine」で解析した人流統計データの提供を開始した。

 同分析エンジンは、数年間に渡って位置情報ビッグデータを蓄積、数万を超える拠点情報を登録し、数億レコードを超える人流データを解析できるシステム。当日のデータを翌日午後には統計加工されたデータとして提供でき、全国の店舗や拠点の人流を統合することで、特定の業界や自社系列店舗のトレンドを把握するような分析も可能になる。

クリック/タップで拡大
【クリック/タップで拡大】
全国百貨店の人流データを集約して推計来訪者数を分析

 同分析エンジンでは、APIによるシステム間連携が可能。企業の様々なシステムに人流ビッグデータ解析の能力を付与することができる。店舗別実勢商圏データに加え、指定エリアの滞在人口や流入人口をメッシュ単位で提供するほか、今後準備ができ次第、1週間先までの人流予測データも提供し、売上予測や需要予測や様々なシミュレーションに活用することが可能となる。

地域メッシュデータのイメージ
地域メッシュデータのイメージ

【関連記事】
AudienceOneとFoursquareが連携開始 位置情報データを使った広告配信などが可能に
電通、位置情報データを用いてOOH広告のプランニング・効果検証を行う「OOH LIQUID」を開発
LBMA Japan、米MRCが発行する「位置情報計広告計測ガイドライン」の日本語翻訳版を無償公開
クロスロケーションズ、店舗周辺の人流を性・年代別に把握できる「デモグラ速報」をリリース
クロスロケーションズ、全国9業種の店舗周辺と主要都市の人流変化が一目でわかる「全国人流グラフ」を一新

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/02/05 13:45 https://markezine.jp/article/detail/35462

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング