SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

クックパッド、海外事業のさらなる成長に向け経営チームを強化 新任執行役および新体制を発表

 クックパッドは、Rebecca Rippin氏とElena Gianni氏が新たに執行役に、Marijana Kolak氏とSam Meadley氏が執行役員に就任したことを発表した。

 同社は、2014年より海外事業の展開を開始。2016年には英国ブリストルを海外事業のグローバルヘッドクォーターとし、本格的にグローバル展開を拡大してきた。現在、料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」は76カ国/地域、34言語で利用されている。

 今回執行役に就任したRebecca Rippin氏は、イギリス出身。同氏が2007年に設立したスペイン語圏最大のレシピプラットフォーム「Mis Recetas」の買収に伴い、2014年にクックパッドに入社。これまでスペイン、ポルトガル、米国のコミュニティの事業をリードしてきた。

 同じく執行役に就任したElena Gianni氏は、イタリア出身のデザイナーで、2020年からクックパッドのプロジェクトに参画。以前は、ニューヨーク・タイムズで「The Times」のデジタル領域におけるデザインディレクターなどの役割を担っていたほか、トヨタやマースクなど様々な企業のプロジェクトにデザインイノベーションコンサルタントとして携わってきた人物だ。

 同社は今回の経営チームの強化を通じ、「毎日の料理を楽しみにする」というミッションの実現に向け、より優れたプロダクト開発および迅速な事業展開を行っていく。

【関連記事】
クックパッドマート、生鮮食品以外の取り扱いを開始 ツルハドラッグ、ココカラファインと連携
クックパッド、アプリ内に送料無料の買い物機能を追加 新たな流通プラットフォームを形成
TOSEI、クックパッドと提携 コインランドリーで生鮮食品の受け取りサービスを開始
クックパッド、町田市、JA町田市と連携協定を締結 クックパッドマートを活用した地産地消&流通構築へ
「おうち居酒屋」の検索頻度が前年同期比で1,652%増加 クックパッドがコロナ禍の食トレンドを調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング