SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

大日本印刷、バーチャルジュンク堂書店池袋本店を「池袋ミラーワールド」に構築 バーチャル書店の事業化へ

 大日本印刷(以下、DNP)は、2021年3月27日にオープンするテレビ東京運営のバーチャル空間「池袋ミラーワールド」に参画。本というコンテンツと書店というメディアの新たな価値を提供する「バーチャル書店」の事業化に取り組む。

 今回DNPは、ジュンク堂書店池袋本店を「バーチャルジュンク堂書店池袋本店」として「池袋ミラーワールド」に構築。生活者は自宅などからウェブブラウザでアクセスし、アバターを通じてバーチャル空間に作られたフロアやイベントコーナーを回り、多様な体験に出合うことができる。

 「バーチャル書店」では、キュレーターによる本の魅力解説、動画や音声の活用、オンラインサロンの開催といった多様な手法で、本の新しい楽しみ方を提供する。書店員や著名人などが独自のテーマでおすすめの書籍を紹介する「ブックツリー」や「AI書店員」など、ビジュアル化された検索機能やレコメンド機能を通じて、偶発的なコンテンツとの出合いを楽しめる機能を開発する予定。同じコンテンツに興味関心を持つ人同士がつながる場を提供し、共感性の高いコミュニティ形成も図る。

 また、「バーチャル書店」をバーチャルな都市空間における開かれたメディアと捉え、地域の魅力を発信する拠点としていく。自治体をはじめ多様な業界の企業や団体などとコラボレーションし、リアルな空間と連動したイベントを行うなどして、生活者・企業・地域をつなぎ、地域の経済活動を支援する。

 さらに、バーチャル空間に陳列する書籍などから、紙とデジタルの両方に対応するハイブリッド型総合書店「honto」や、丸善ジュンク堂書店のリアル店舗へ誘導することで、各書店の販促につなげていく。

【関連記事】
b8ta Japan、凸版印刷が開発したバーチャルショッピングシステムの実証実験を開始
リアル・バーチャルを自在に組み合わせ 博報堂プロダクツが「ハイブリッドイベント専門チーム」を発足
フロンティアインターナショナル、バーチャル空間コンテンツを提供 イベントプロモーションをDX化
アドウェイズ、メイクのお試しから商品購入までを可能にする「AR バーチャルメイク広告」を提供
横浜DeNAベイスターズ、VRで観戦体験ができる「バーチャルハマスタver.2」を開催

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング