SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

unerryと博展、位置情報活用したイベント集客特化のデジタル広告「イベシルAD」提供開始

 1月18日、リアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank」を運営するunerryと、イベントを中心に企業のマーケティングを支援する博展は、リアル行動ビッグデータの解析に基づいた高精度ターゲティングを実現するデジタル広告「イベシルAD」の提供を開始した。

 これは、両社が2020年10月に提供を開始した、来場者分析・集客・イベント会場の混雑可視化および事後フォローが可能なイベントDXサービス「イベシル」内のデジタル集客広告を単独で利用可能にしたもの。

 博展が蓄積してきたイベントデータベースとunerryの「Beacon Bank」に蓄積されるスマートフォン位置情報ビッグデータを掛け合わせることで、イベントテーマに興味関心が高いユーザーにデジタル広告を配信できる。

 オフラインで開催された過去の自社イベントや、テーマの似た関連イベントに実際に訪れたと推測されるユーザーにアプローチ可能なため、オンライン・オフラインイベントともに、通常のデジタル広告よりも精度高く、来場に繋がるターゲティングを実現する。

 また、「イベシル」の提供を通して得られた媒体活用のノウハウと、博展が提案する、刺さるクリエイティブをイベントテーマに合わせて柔軟に組合せ、デジタル広告配信の最適化を図れる。

 オンライン・オフラインの効果計測を行うことで、媒体を超えた予算配分の最適化や再配分も可能。広告施策効果のトータルでの評価を踏まえ、次回イベント開催のプランニングや、マーケティングプランの継続的な支援も受けられる。

 イベントのオンラインシフト加速を背景に、イベント主催者および出展企業はより主体的な集客施策が求められ、デジタル上での高精度なターゲティングも重要度を増したことで、「イベシル」メニューの中でも、特に集客広告サービスへの関心が高まった。そこで、両社は「イベシルAD」を提供するに至った。

【関連記事】
ガイアックス、オンラインイベントでの見込み顧客獲得に特化した展示会プランを開始
Eight上でイベント探し~申込み、視聴までを完結 「Eight ONAIR」が5/17から提供開始
リアル・バーチャルを自在に組み合わせ 博報堂プロダクツが「ハイブリッドイベント専門チーム」を発足
決済端末のビーコン化で機器設置の手間を解消 unerryが三井住友カードに「Stap」を提供開始
unerryとテレシー、テレビCMと位置情報を連動させた広告サービスを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/01/18 16:00 https://markezine.jp/article/detail/38152

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング