SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

SDGsの認知度は全体の8割超/学生の理解度が社会人を上回る【CCCマーケティング総研調査】

 CCCマーケティング総合研究所は「生活者意識調査:SDGsへの理解、学生が経営者を上回る?~社会や自然環境に関するアンケート調査~」を実施した。

学生のSDGs理解が社会人を上回る

 「SDGs」という言葉の認知度を調査したところ、理解度にばらつきはあるものの「知っている」と回答した人の割合は全体の8割を超える結果に。性・年代別では男性における認知度が女性よりも高く、年代が若いほど高い認知度と理解度を示した。

【クリック/タップで拡大】

 また職業別の結果を見ても、経営者・会社役員・会社員・公務員などの社会人よりも大学生・高校生の方がSDGsへの認知度と理解度は高かった。

【クリック/タップで拡大】

17項目と自身の行動の関連性を認識できていない人が多い

 次に、回答者の「無意識なSDGs行動」を調査。具体的な方法としては「持続可能な開発目標の17ゴール」が示す17項目だけを見せ、「知っている」「行動している」項目を聞いた後に具体的な事例を提示し、自身が普段の生活の中で行動しているかどうかを訊ねた。結果を見ると、具体例を確認し「行動している」と回答した内容と17項目との関連性を認識できていない人が多く見受けられた。

【クリック/タップで拡大】

 たとえば「つくる責任、使う責任」という項目では「行動している」と回答した人の割合が21.4%であるのに対し、同項目の具体例を確認し「行動している」と回答した人の割合は49.4%という結果に。全17項目において同様の差分が見られ、調査ではこの差分を無意識なSDGs行動と表現した。

「貧困解消」「気候変動対策」の項目を重要視

 持続可能な開発目標の17ゴールのうち重要だと思う項目を聞いたところ、複数回答の上位には「貧困をなくそう」「すべての人に健康と福祉を」といった個人の生活への影響がわかりやすい項目がランクイン。次に「海の豊かさを守ろう」など、海に関する項目が続いた。

【クリック/タップで拡大】

 単一回答では複数回答とは異なる顔ぶれが上位に並び、最も重要な項目として「気候変動に具体的な対策を」がランクイン。続いて「すべての人に健康と福祉を」「平和と公正をすべての人に」が続いた。

【調査概要】
地域:全国
対象:16歳~60代のT会員男女
サンプル数:2,222
期間:2021年10月7日(木)~2021年10月13日(水)
方法:「Tアンケート」による実施。性年代を日本の人口構成比に合わせて集計

【関連記事】
2021年の電子漫画と音楽配信サービスの支出、2019年比で約2倍に【Zaim 生活DX指数調査】
2021年の動画広告市場は4,195億円、昨年対比142%成長 2025年に1兆円規模へ【CA調査】
デジタルネイティブ世代の「自己表現消費」傾向が強化/消費行動3フェーズの特徴【電通デジタル調査】
2021年12月のテレビCM放送、リクルートグループがTOP3を独占【ゼータ・ブリッジ調査】
業界別にInstagramの動向を調査 平均エンゲージメント率が最も高いのは「旅行」/パスチャー調べ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/01/28 15:30 https://markezine.jp/article/detail/38231

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング