SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Instagram、ライブ配信にモデレーター機能を導入

 Instagramは、Instagramライブにモデレーターを設定できる機能を導入することを発表した。

 同機能は、配信者はライブを視聴している利用者の中から1名をモデレーターとして設定できる。モデレーターは配信中にコメントを報告したり、特定の視聴者のコメントをオフにしたり、ライブ配信から外すことが可能だ。配信から外された視聴者は、再びそのライブ配信を視聴することはできなくなる。ライブを視聴している利用者には、配信にモデレーターが設定されていることは表示されるが、誰がモデレーターであるかは表示されない。

 ライブが終了すると、配信中にモデレーターが起こした対応をまとめたレポートを配信者が見られる。どのアカウントを報告し、配信から外したかを把握することができるため、必要に応じてさらなる対策を講じることが可能だ。

 またライブ中、配信者はいつでもモデレーターを設定から外すことができ、モデレーターも好きな時に自ら設定を外すことができる。加えて、配信者が信頼できると判断すれば、配信者のフォロワーでなくても、視聴者の1人をモデレーターに設定可能だ。

 ただし、モデレーターはライブ配信を視聴している人に限られるため、最大4名でライブ動画を配信する「ライブルーム」では、配信者として参加しているゲストをモデレーターとして設定することはできない。

【関連記事】
AIQのInstagram運用支援ツールが機能アップデート、​​AIが最適運用プランを提案など3機能
サイバー・バズ、インフルエンサーがInstagramのサブアカウントを運用するプランの提供を開始
業界別にInstagramの動向を調査 平均エンゲージメント率が最も高いのは「旅行」/パスチャー調べ
12月度のInstagramトレンド、グルメ編の1位は「#ゴントランシェリエ」【パスチャー調査】
Instagramで「#SDGs」の投稿数が急増/エンゲージメントは前年比の2倍に【テテマーチ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/03/16 14:45 https://markezine.jp/article/detail/38598

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング