SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日立製作所、首都圏の駅エリアのマーケティング情報を届けるサブスクリプションサービスを開始

 日立製作所(以下、日立)は、首都圏における駅エリアのマーケティング情報を提供するサブスクリプションサービス「Station Finder for Area Marketing」を開始した。また同サービス開始にあわせ、サービスの一部機能を30日間無料で利用可能なお試しサイト「Station Finder for Area Marketing Trial」を公開した。

 同サービスは、東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)が開発・提供する首都圏約600駅の各駅の利用状況を示す定型レポート「駅カルテ」(PDF・統計情報)の販売パートナーとして提供するもの。日立の専用Webサイト上から、「駅カルテ」を定額で自由に利用できるサブスクリプションモデルで、毎月追加される「駅カルテ」をサイトのマップから駅と年月を選択して閲覧・ダウンロードすることができる。

 「駅カルテ」は駅改札をSuicaで入出場する際に記録されるデータをもとに、駅利用者の年代、性別など、属性の傾向や利用者数などの統計情報を提供する定型レポート。駅の周辺エリアでビジネスを行う小売業や飲食業、不動産業をはじめとする企業や自治体において、大規模イベントの効果検証や、駅近くに立地する店舗のマーケティングといったまちづくりの検討などに活用できる。

【関連記事】
日立製作所がマーケティングプラットフォームとしてアドビのMarketo Engageを採用
「情報銀行」の実現に向けた実証実験を開始/日立製作所、東京海上日動、日本郵便、DACら6社が参画
日立、人工知能を活用したマーケティング施策立案が可能な「顧客ロイヤルティ向上サービス」を販売
西日本鉄道、駅でごはんをピックアップできる「ピクレル」の実証実験を開始
丸ノ内線新宿駅プロムナードエリア、縦型サイネージなどを設置 合計80mにおよぶエリアをジャック可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/12 09:45 https://markezine.jp/article/detail/38950

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング