MarkeZine(マーケジン)

記事種別

電子機器を使って勉強するなら「DS」、5人に1人が利用

2008/06/17 16:50

eラーニングのメリットは認めるものの、学習意欲の向上には「?」

 NTTレゾナントと慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構は、全国のgooリサーチ登録モニターを対象にゲーム機・パソコンを利用した自己学習に関する調査を実施した。

 eラーニング以外の電子機器を利用した学習についてたずねたところ、有効回答者1,063人のうち携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」を利用して学習をしている人は20.1%、続いて「パソコン(非ネットワーク接続)」の利用が10.8%となっている。また、数は少ないものの、iPod、PSP、Wiiなどの人気携帯端末があがっている。

eラーニング以外の、電子機器を利用した「学習」について (n=1,063)※複数回答
 (n=1,063) ※複数回答

 また、電子機器を使った学習分野については、「語学」が60.2%と最も多く、脳の鍛錬・活性化を目的とする「脳力」44.0%、「漢字」26.0%の順となっている。また、株やマナーなどを学習している人も見られる。

その学習分野について
 (n=327) ※複数回答

 近年、個人が基礎学習能力の向上に取り組むようになり、その学習ツールとして身近にあるゲーム機やパソコンを利用するようになっているなか、最も支持されているのが「DS」。その人気ぶりたるや、オーストラリアでは、裁判中に陪審員がDSで「数独」に興じていたことがわかり、裁判が中止されたことも報道されたほど。勉強熱心なのはよいとして、時と場所は選びたいものだ。

【関連記事】
任天堂、マクドナルドとつくばエクスプレスでDS専用ソフトを無償配布
松井証券、ニンテンドーDS、PSP、iPod touchでもモバイルトレードを可能に
携帯型ゲーム機の利用、「自宅で」8割、「1人で遊ぶ」が9割超える
バンダイ、大人気PSPゲーム「モンスターハンター」の「回復薬」をイメージした飲料水を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5