SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電子機器を使って勉強するなら「DS」、5人に1人が利用

eラーニングのメリットは認めるものの、学習意欲の向上には「?」

 NTTレゾナントと慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構は、全国のgooリサーチ登録モニターを対象にゲーム機・パソコンを利用した自己学習に関する調査を実施した。

 eラーニング以外の電子機器を利用した学習についてたずねたところ、有効回答者1,063人のうち携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」を利用して学習をしている人は20.1%、続いて「パソコン(非ネットワーク接続)」の利用が10.8%となっている。また、数は少ないものの、iPod、PSP、Wiiなどの人気携帯端末があがっている。

eラーニング以外の、電子機器を利用した「学習」について (n=1,063)※複数回答
 (n=1,063) ※複数回答

 また、電子機器を使った学習分野については、「語学」が60.2%と最も多く、脳の鍛錬・活性化を目的とする「脳力」44.0%、「漢字」26.0%の順となっている。また、株やマナーなどを学習している人も見られる。

その学習分野について
 (n=327) ※複数回答

 近年、個人が基礎学習能力の向上に取り組むようになり、その学習ツールとして身近にあるゲーム機やパソコンを利用するようになっているなか、最も支持されているのが「DS」。その人気ぶりたるや、オーストラリアでは、裁判中に陪審員がDSで「数独」に興じていたことがわかり、裁判が中止されたことも報道されたほど。勉強熱心なのはよいとして、時と場所は選びたいものだ。

【関連記事】
任天堂、マクドナルドとつくばエクスプレスでDS専用ソフトを無償配布
松井証券、ニンテンドーDS、PSP、iPod touchでもモバイルトレードを可能に
携帯型ゲーム機の利用、「自宅で」8割、「1人で遊ぶ」が9割超える
バンダイ、大人気PSPゲーム「モンスターハンター」の「回復薬」をイメージした飲料水を発売

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/06/17 16:50 https://markezine.jp/article/detail/4123

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング