SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

YouTube、ホームページをカスタマイズ可能に

 YouTubeが導入したパーソナライズド・ホームページでは、ホームページに表示するモジュールを選択して、おすすめ動画情報や自分の動画の統計情報を確認することができる。

YouTubeのカスタマイズ画面。デフォルトではすべてのモジュールが表示される

 たとえば「受信ボックス」モジュールでは、自分が公開している動画に対して送られたコメントや友達からの招待などの状況を見ることができる。また「ユーザーの動画について」モジュールでは、自分の動画の数や再生回数などの統計情報が表示される。

「受信ボックス」と「ユーザーの動画について」

 このパーソナライズド・ホームページは、YouTubeにアカウントを持ち、ログインしているユーザーだけが利用可能。また、YouTubeモバイルでは未対応となっている。

【関連記事】
米ソニー、液晶テレビ「BRAVIA」でYouTubeを視聴可能に
NHK、YouTubeに高画質対応チャンネル開設
PS3がYouTubeのアップロード機能に対応、ゲームプレイ動画の投稿を促進
YouTube、動画作者が広告収入を得られるパートナープログラムを日本でもスタート
動画共有サイトを最も利用しているのは10代、人気トップは「YouTube」57.4%、2位「ニコニコ動画」は12.9%

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/06/20 12:10 https://markezine.jp/article/detail/4182

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング