MarkeZine(マーケジン)

記事種別

JR東海、新幹線N700系と駅待合室で無線LANによるインターネット接続を提供

2008/06/27 12:40

 JR東海は、東海道新幹線(東京~新大阪)で、N700系車内において高速走行中にインターネットを利用できるよう、無線LANネットワークの整備を進めている。回線速度は最大約2Mbpsのため、動画の快適な閲覧は難しいものの、メールやウェブの閲覧などには十分対応できそうだ。

 またJR東海は、のぞみ停車駅である、東京駅、品川駅、新横浜駅、名古屋駅、京都駅、新大阪駅の6駅に整備している無線LAN設備を、東海道新幹線の全駅(東京~新大阪)に拡大。17駅すべてのコンコース待合室で無線LNAサービスを利用可能にする準備も進めている。

 いずれもサービス開始時期は、2009年3月ころの予定となっている。

【関連記事】
JR東日本、遅延証明書を携帯コンテンツとして提供
ラッシュ時は「音楽」、非ラッシュ時は「本・メール・眠る」【JR東日本企画1万人調査
JR東日本とANAが提携、陸と空のサービスのシームレス化を図る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5