SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

最強のコンテンツを探せ! 「Yahoo! Buzz」オープン

 Yahoo! Buzzでは、Yahoo!のアカウントを持つユーザーなら誰でも気に入ったコンテンツのURLや見出し、概要を投稿することができる。また、パブリッシャー登録には、大手サイトから個人ブロガーまで誰でも登録することができる。

Yahoo! Buzzのトップページ

 Yahoo! BuzzにはYahoo! Newsのようにエディターは存在しない。ネットユーザーが投稿したコンテンツに対してネットユーザーが投票すると、Yahoo! Searchでの検索キーワードやメールによるコンテンツ共有などを加味してランキング化される。Yahoo!はこのランキングシステムがdel.cio.usやDiggなどのソーシャルメディアと異なる点だと強調している。

 そして、ランキングの上位に入ったものはBuzzのホームページの上でフィーチャーされ、さらに本家Yahoo!ホームページでも紹介されるチャンスがある。Yahoo!は「あなたのサイトに何百万ものクリックがもたらされる可能性がある」としてパブリッシャー登録を呼びかけており、サイトにウィジェットや投票ボタンなどを配布している。

【お詫びと訂正】

本記事公開時に「掲載されるのはYahoo! Buzzのパートナーとして登録したパブリッシャーのコンテンツのみ」という記述がありましたが、パブリッシャー登録をしていないサイトのコンテンツは、利用者がYahoo! Buzzに投稿するかたちになります。お詫びして訂正いたします。(2008.8.21)

【関連記事】
検定に合格すると「Yahoo!トピックス」の解説者になれる「トピックスエディター」
ニフティのソーシャルニュースサイト「@nifty トピックイット」オープン
Me.dium、ネットユーザーの検索行動によって結果が変わるソーシャル検索エンジン公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/08/21 19:20 https://markezine.jp/article/detail/5066

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング