MarkeZine(マーケジン)

記事種別

T-MobileがAndroid携帯「G1」発表、179ドルで発売

2008/09/24 15:30

 「Android」は、携帯の機種を問わずにアプリケーションを動作させるオープンな技術的基盤として、携帯電話事業者やサービスプロバイダをGoogleが主導するかたちで開発を進めてきた。

 今回、T-MobileがAndroid搭載携帯の第一号として発表した「G1」は、フルタッチスクリーンを指先を使って操作が基本。しかし、「グーグルフォン」として期待されていた端末だけに、検索キーワードの入力にストレスを感じさせない入力デバイスを完備しており、必要に応じてスクリーンをスライドさせると小型のQWERTYキーボードが現れ、ここからテキストを入力することができる。また、オプションとして片手でのナビゲーションにベンリなトラックボールも利用することができる。

Googleが公開したデモ用動画では
指先で操作する様子を見ることができる

 G1では、一度Googleアカウントにサインインすると、検索、Gmailと連絡先リスト、カレンダー、Google Talk、YouTubeなど、おなじみのサービスを利用することができる。携帯から追加したデータはすべて同期され、PCでも携帯でも同じように最新データを利用することができる。 

おなじみのGoogleサービスがせいぞろい

 携帯端末をなくしてもデータはすべてウェブにあるから安全とはいうものの、タッチパネルを活かしたパターン入力によるロック解除などの機能も備えている。こうしたG1の特徴は、T-Mobile、Googleとともに開発に参加した台湾のHTCの存在も大きいようだ。HTCは今秋、日本でも続々とタッチケータイを展開する予定となっている。

タッチパネルならではのロック解除のためのパターン入力
お約束のストリートビューも

 また、G1ではAmazon.comが開発したアプリケーションを携帯としてはじめて搭載しており、音楽ファイル(MP3)を直接Amazonから購入することができる。さらに、「Android Market」では、開発者がAndroid端末向けに公開しているソフトウェアを購入することができる。これによって、iPhoneにおけるiTunes StoreとApp Storeと同様のサービスをAndroid端末ユーザーにも提供するというわけだ。

  G1は米国向けに10月22日からオンラインストアで発売され、音声通話とデータ通信について2年間の契約をすると179ドルで購入することができる。今後は11月に英国、2009年第1四半期にはドイツ、オーストリア、チェコ、オランダを含むヨーロッパ各国で発売される。Androidの開発推進のために設立された業界団体「Open Handset Alliance」には、日本からKDDI、NTTドコモも参加しており、今後の展開が注目される。

【関連記事】
App Store対抗? Android携帯端末向けコンテンツ配信システム「Android Market」構想
「グーグルフォンはまだ?」 iPhone快進撃にGoogle主導のAndroid陣営は? 開発者を巻き込んだ携帯業界の争い 
アップルの2つのオンラインストア、App Storeはダウンロード数1億本を突破、iTunes Storeはレコメンド機能で活性化
App Store対抗? Android携帯端末向けコンテンツ配信システム「Android Market」構想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5