SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アドウェイズ、中国最大の決済サービス「アリペイ」を日本のEC事業者向けに販売

 中国のBtoB最大手のアリババグループに属するアリペイは、中国国内で50%以上のシェアを持つオンライン決済会社。現在、ユーザー数は約1億人を越え、1日の決済額は約80億円、取扱件数は150万件、2007年度の取扱高は7,600億円を超える。また、中国4大銀行である中国銀行・中国建設銀行・中国農業銀行・中国工商銀行と提携し、中国全土の各銀行とのネットワークを持つ。

アリペイの中国決済サービス市場シェアは50%を超える

 今回、アドウェイズは、株式会社シンロンと提携し、シンロンが取り扱う中国のネットユーザー向けBtoC通販サービスの代理店として本サービスの販売をスタート。日本国内のEC事業者対し、中国における決済サービス「アリペイ」の仲介や広告面でのサポートを行い、EC事業者の中国進出支援を行う。

 売上はアリペイより日本円で入金されるため為替リスクはなく、中国における納税の必要もない。アドウェイズはまた、オプションとして翻訳や物流のサービスも提供する。

【関連記事】
百度とウィルコム、中国人訪日客向け「モバイル情報サービス」の共同展開を検討
サイバーエージェント、SEOサービスを中国語・英語・韓国語に対応
ベネッセ、中国版「こどもちゃれんじ」の会員が10万人突破、クチコミが顧客数増大を加速
中国消費リーダー層は「クロスメディア型」、パソコンインターネットへの平均接触時間は日本の3倍以上

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/10/03 12:35 https://markezine.jp/article/detail/5582

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング