SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Amazon EC2、ついに正式版へ!Windows ServerとSQL Serverのホスティングも開始

 Amazon EC2は、Amazonが保持する巨大なインフラ上の仮想マシンを利用できるホスティングサービス。今まではベータ版だったものの、既に海外では「The New York Times」を始めとして、大規模な運用をしている企業も存在していた。今回正式版になったことで、Amazonは利用可能地域ごとのSLA(Service Level Agreement)を公開。それによると、EC2では稼働率99.95%を保障するという。

また、先日発表されたとおりマイクロソフトのWindows ServerとSQL Serverがパブリックベータ版としてEC2上で利用可能になった。料金は通常どおり従量課金制を採用。Windowsライセンスにかかるコストのため Linux版よりわずかに高く、1時間につき0.125ドルとなっている。

併せてAmazonは2009年に新機能を追加することを発表。「管理コンソール」や「ロードバランシングサービス」「自動スケーリングサービス」「モニタリングサービス」などが利用可能になるという。

【関連記事】
Amazonのアウトソーシングマーケットプレイスが大量発注を可能にする新機能を公開
米Amazon、携帯のショートメッセージで注文できるサービスを開始
米Amazon、Facebookで「ウィッシュリスト」を利用できるツールを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

松藤 壯太(編集部)(マツフジ ソウタ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング