MarkeZine(マーケジン)

記事種別

第3回 “Co-registrationシステム”で精度の高い見込み客リストを獲得する!

2006/07/13 12:00

効果の高いオンラインマーケティング手法として、eメールマーケティングは米国のオンラインマーケッター達に根強く支持されています。しかしながら、個人情報保護法の制定により、個人情報をむやみに多く抱えることは、同時に会社としてのリスクを抱えこむ事になります。今回は、質の高い見込み客のeメールリストを収集するのに効果的!と、米国マーケッター達の関心を集めている“Co-registration(共同登録)”の仕組みをご紹介します。

根強い人気のeメールマーケティング

 新しい技術や手法が次々と生まれるオンラインマーケティングのなかでも、効果の高い手法として米国のオンラインマーケッター達に根強い人気を誇るのがeメールマーケティングです。2005年のAD:TECHで発表されたデータによると、2005年に行ったオンラインマーケティング施策のなかで最も効果が高かった手法として、自社保有のeメールリスト(ハウスリスト)へのeメールは、PPC広告の次に支持が高い手法であったというアンケート結果が出ています。

 一方で、米国のeメールソリューション会社ExactTargetが今年3月にリリースした統計によると、抱えるeメールリストのサイズが大きくなるほど、配信するメールの開封率およびクリック率が下がるという、気になるデータもあります(図2)。

図2

 eメールアドレスは立派な個人情報ですから、大量に抱え込めばそれだけ個人情報漏洩のリスクも高まるわけですし、精査されていない大量のeメールリストを抱え込むことは「百害あって一利なし」です。そのためオンラインマーケッターは、精度の高い見込み客のリストを適度に確保する方法が必要となります。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5