SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

小中学生の女の子は「義理チョコも手づくり派」が7割、ホワイトデーのお返しは「期待していない」が最多

 バンダイネットワークスとネットマイルは、小中学生を対象として実施している「キッズリサーチ」で、女の子を対象にバレンタインについてのアンケート調査を行い、737名の有効回答を得た。

 バレンタインチョコをあげる相手で最も多いのは「女の子の友達」で7割以上。次いで「お父さん」(52.6%)、「男の子の友達」(28.4%)となり、男の子へのプレゼントよりも女の子どうしでチョコを交換する傾向が高いことがわかった。

 用意するチョコレートの数は小学校低学年で「3~4個」が約半数を占めている。しかし、学年が高くなるにつれ「16個以上」という回答が多くなり、中学生では3割を大きく超える結果となっている。16個のほとんどは義理チョコと推察すると、女の子にあげるパターンが多いことから、女の子どうしの友情の確認の意味もあるのかもしれない。

バレンタインチョコは誰にあげますか?

 「義理チョコは手作り」と回答した子どもが約7割で、「本命チョコは手作り」は約5割と、手作り派が多数を占めている。義理チョコ1人分の予算は「100円以上500円未満」が6割以上、本命チョコ1人分の予算は「300円以上750円未満」が5割と、本命チョコがやや割高。また、チョコレートや材料の購入場所として最も多かったのは「スーパー」で、次いで「デパート」となっている。

 また、バレンタインチョコをあげると回答した子どもに、「ホワイトデーのお返しは、どれぐらいの予算を期待しているか」をたずねたところ、「ホワイトデーのお返しは期待していない」が23.2%で最も多く、次いで「300~499円」「100~299円」と続いた。また全体的に“1000円以上”を期待する子どもは1割に達しなかった。

【関連記事】
「愛のない義理チョコ禁止令」、マッチドットコム社長「義理チョコは生産性を低下させる」
男性からも照れずに渡せる“逆チョコ”でバレンタインに愛の奇跡を、山本裕典と高田純次が実演
印刷の間違いではありません。森永から究極の「逆チョコ」シリーズ発売

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/02/13 13:06 https://markezine.jp/article/detail/6557

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング