MarkeZine(マーケジン)

記事種別

MSNがトップページを大リニューアル、3つのエリア、ぜんぶ検索、動画などコンテンツもアイディアも盛りだくさん

2009/03/16 15:35

トップページを3つのエリアに

 今回のリニューアルでは、視線動向調査によってトップページを3つのエリアに区分している。左側の“使っ得エリア”では、毎日チェックするメールや天気、マーケット情報を提供し、中央の“見て得エリア”では、ニュースを中心とした最新情報を、右側の “知っ得エリア”では、お得な情報と動画を提供する。

3つのエリアに分けて、使いやすくなったトップページ

 さらに、メール、天気を表示するパーソナルモジュールは、視線動向により右側から左側に変更し、トップページにはじめて動画再生のインラインプレーヤーを常設。Silverlightによるリッチな動画が、朝昼夕の時間帯に合わせて配信される。

ニュースも満載、「ぜんぶ検索」もデビュー

 ポータルサイトで注目度が高い「ニュース」については、3月19日からMSN各チャンネルのニュース情報を統合した「MSNトピックス」を新設する。MSN産経ニュースの情報に加え、 エンタメ、スポーツ、経済などの9ジャンルをメインに合計約40カテゴリーを提供。合計70のニュースソースとの契約で、1日約800本の記事、コラム、写真、動画をリアルタイムで配信する。

 また、「MSNぜんぶ検索(ベータ)」は、従来のウェブ検索に加えて、“人の知識”を蓄積したコミュニティQ&Aサイト「MSN相談箱」の検索結果を、カタログのように一覧性の高いデザインで表示。あいまいな記憶や間違ったキーワードによる検索など、従来の検索エンジンでは対応が難しかったものにも答えを提供してくれる。

まとめて検索、そして見やすい「ぜんぶ検索」

広告もビッグに展開

 広告もさらに大きなサイズに変更になり、ディスプレイ広告「MSN ホーム ウィンドウ」のサイズが300×250ピクセルから350×240ピクセルへ、バナーにマウスをのせると広告スペースが拡張する広告「MSNホーム ウィンドウ BB MOF」の拡大後サイズも760×340ピクセルから795×380ピクセルに拡大している。

 これらの広告と連動したリッチメディア背景広告が「MSN ホームページ ゲート」「MSN ホームページ ジャック」にバージョンアップし、より大きな表示面積でのブランド訴求が可能となっている。

広告もよりビッグに展開

 この新しいトップページは、一部のユーザーに試験公開したのち、3月30日に一般公開される。

【関連記事】
マクドナルドがトップクリエイターを起用してホームページをリニューアル、LPOを初導入
ドコモ、「iチャネル」全面リニューアルと同時に、毎日新聞社の情報提供の打ち切りを発表
サイトリニューアルで明暗、好感度1位のGoogleは総合2位に浮上
国内最大のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」、2008年1月1日にフルリニューアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5