SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

朝日・講談社・小学館ら5社が用語解説サイトをオープン、検索連動型広告で収益

 「kotobank(コトバンク)」では、「デジタル版日本人名大辞典+Plus」(講談社)や、「デジタル大辞泉」(小学館)、「知恵蔵2009」(朝日新聞出版)などの44辞書から構築された約43万語の膨大なデータを無料で検索、閲覧することができる。また、関連するキーワードやニュース(出典:asahi.com)、Web検索結果などの関連情報も検索結果に一覧として表示される。

kotobankのトップページ。もう少し検索窓に存在感がほしいところだ

 kotobankは、インターネット上にある玉石混交の状態と一線を画し、信頼性のある情報を提供するために5社の情報資産などをもとに構築したもの。プラグインをインストールすれば、ブラウザの検索窓から直接検索することもできる。

 サイト運営にあたっては検索連動型キーワード広告によるビジネスモデルを展開し、ECナビ社がサービスの開発・運営を行う。

【関連記事】
「“リスティング広告”の意味知らない」ビジネスパーソンの8割
朝日新聞社とECナビ、現代用語の事典サイト「みんなの知恵蔵」オープン
アユダンテ、SEO&SEM担当者のギモンに答えるブログ「五足の靴」を開設
ウィキペディアを絞り込み検索する「BIGLOBE百科事典」オープン

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/04/23 11:15 https://markezine.jp/article/detail/7177

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング