SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DY、「一球速報」のデータスタジアムを子会社化

 データスタジアムは、プロ野球の試合情報を一球ごとにテキスト配信するサービスのほか、さまざまなスポーツの分析ツールやデータを提供している。博報堂DYメディアパートナーズは、スポーツコンテンツデータを利用したビジネスを発展させるため、データスタジアムの株式の追加取得を決定した。

 博報堂DYメディアパートナーズは、インデックス・ホールディングスが持つデータスタジアムの全株式31,874株を6億1500万円で取得。これによって、データスタジアムの全株式の56.12%を保有し、同社を連結子会社化する。

 博報堂DYメディアパートナーズは今後、スポーツコンテンツの充実やコンテンツホルダーのファンマーケティングへの貢献、広告主へのスポーツコンテンツ販売などを強化するとしている。

【関連記事】
スポニチがiPhoneで一球速報、ワンセグとは一味違う「スポニチ プロ野球速報」
データスタジアムのプロ野球「一球テキスト速報サービス」、1シーズン通算25~30万球を速報
WBC決勝の視聴率37.6%は高い?低い? ネットやワンセグで多様化するスポーツ観戦形態

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/05/22 18:15 https://markezine.jp/article/detail/7350

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング