SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイト全体に網を張れ!アクセス解析ソフト「RTmetrics」が最新の解析用ユーザインタフェース搭載

 デザインを一新した「RUI」は、解析結果をより直感的かつ効率的に活用できるよう、集計・レポート機能を追加・改善している。「RTmetrics」のデータをリアルタイムに解析する「Data Manager」用の集計・レポート機能では、データのおおまかな傾向を把握する場合、キーワードグルーピング機能により、同一とみなす異なるキーワード(「rt」と「RT」など)を1つのグループとして集計することができる。

「Advanced Analytic Module」専用のレポート機能の例
右の画面では、パス解析の条件を入力して訪問者を任意にセグメントした高度な解析が可能

 また、詳細データを解析する「Advanced Analytic Module」専用のレポート機能も追加され、想定していた入口ページ以外から流入したユーザの行動パターンを把握して、サイト全体に網を張った状態を作り上げることができる。また、ロールベースで目的に応じた最適なダッシュボードをデザイン機能によって、部門ごとに必要な解析データを効率的に表示することが可能となっている。

 保守契約ユーザは、無償で最新の「RUI」にアップグレード可能となっており、APIライセンスを保有していないユーザは、別途APIライセンスのご購入が必要となる。

【関連記事】
月間1億PVの「価格.comモバイル」、アクセス解析に「RTmetrics」を導入
100ドメインのサイトを運営するベネッセの悩みとは? 「RTmetrics」導入事例
BIGLOBEとオーリック・システムズ、SaaS型アクセス解析サービスを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/05/29 12:10 https://markezine.jp/article/detail/7399

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング