SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

エコバッグ持参で新手の万引きも、レジ袋有料化や「エコ替え」に疑問を持つ消費者も

 アイシェアは、ネットユーザーを対象にエコバックについて7月に調査をおこない、20代から40代の男女607名の回答を集計した。レジ袋の有料化がエコ活動として「有効だと思う」と回答した人は全体の52.2%。女性では59.4%、男性では46.4%と、女性のほうが有効性を高く評価している。

レジ袋の有料化はエコ活動として有効だと思うか(n=607)

 エコバックを有効だと思わない人は、理由として「エコバッグを大量生産している」「効果がよくわからない」などを理由にあげている。また問題となっている「エコバッグ万引き」に有効だと思う対策としては、「会計前の商品は必ず買い物かごに入れてもらう」が最も多かった。

 そのほか、疑問に思うエコ活動を複数回答で聞いてみると、「エコ替え」「割り箸を使わない」の比率が高く、以下、「ペットボトルの回収」「クールビズ・ウォームビズ」「風力発電」の順となった。「エコ替え」は環境に配慮した製品に買い換えることによって、家計にも環境にもやさしいという効果をもたらすという購買行動を指すもので、トヨタ自動車が提唱している。

【関連記事】
ホンダ、インサイトで環境にやさしい運転技術を競う「エコグランプリ」開催
エコポイント制度で一番お得なのは「地デジ対応テレビ」
環境や社会貢献をうたった商品、「普段から意識して買っている」2割、効果に疑問の声も

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング