MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ドコモと東大病院、モバイル機器による医療情報環境の構築で共同研究

2009/08/27 12:30

 社会連携講座は、企業との契約に基づいた共同研究経費によって運営されるもので、今回開設される「健康空間情報学」では、モバイル情報機器の活用によって、受診した医療機関ごとに分散保管されている個人の各種医療情報の統合化などの課題に取り組む。

 ドコモは、個々人の診療データや自身で測定するバイタルデータなどの医療情報をモバイル情報機器で仮想的に統合するための技術を研究開発し、東大病院は医療情報環境の実証研究を行う。同講座は今年の9月から2013年8月までの4年間設置される。

【関連記事】
伸び悩んでいた電子カルテ市場、2013年には1324億円規模に成長
ウィルコムら4社、「ポケットカルテ」の正式無料サービス開始
Google Health、個人の医療記録を共有する機能を追加
ニフティ、医療機関向けに「レセプト」請求サービスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5