SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

米国ネット広告費の成長率が2007年を境に下降へ―eMarketer予測

 ネットマーケティングの情報サイト「eMarketer」は、米国内のネット広告費の成長率が2007年を境に減少、横ばいになるという予測を2月26日に発表した。

 レポートによると、3年連続で30%以上を維持してきた成長率が、2007年には18.9%になると予測している。ただし、ネット広告自体の要因で成長が鈍化するのではなく、あくまでも米国経済の停滞に大きく影響されたものと分析。成長率は下がるものの、広告媒体の中では依然としてネット広告は高い成長率を示すとしている。

 eMarketerの2011年までの成長率予測を見ると、2007年に18.9%と下がった翌年の2008年は22.1%と増加に転じている。これは2008年に大統領選挙と北京オリンピックがあるためで、2009年以降は再び下降を続け、2011年のネット広告の成長率は13.0%。驚異的な数字ではなくなるものの、まだまだ行けると思うか、ネット広告も頭打ち?ととるか。業界内でも意見が分かれそうだ。

"Online Advertising Spending Growth to Level Off" (eMarketer)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/03/01 21:40 https://markezine.jp/article/detail/828

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング