SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

最新「スパム送信国ワースト12」発表 ポーランドからのスパム配信が急増中

 ポーランドからのスパムが急増中だ。法人向けセキュリティ&コントロールソリューション大手のソフォス株式会社が4月11日に発表した「2007年1~3月のスパムの最多配信国ワースト12に関する最新のレポート」によるとポーランドが急激に順位上昇し、全体で3位にランクインした。調査は、世界各地に展開する脅威解析センター「ソフォスラボ」のアナリストが、上記期間に受信した全スパムを分析して実施された。首位はアメリカ、2位は中国。

 ポーランドを経由したスパム配信は、06年の同時期(1~3月)には3.8%だったが、07年はそのほぼ2倍に比率が跳ね上がっている。これについてソフォスは「僅差で2位となった中国や、低いランクに位置するロシアやインドに比較してポーランドの人口が少ないことを考えると、同国のコンピュータへのセキュリティ対策に問題があると伺われる」とコメントしている。日本は1.3%で全体に占める比率は前回と変化がなかった。

スパム送信国ワースト12は以下の通り。

■2007年1~3月
1. アメリカ                  19.8%
2. 中国(香港を含む)  7.5%
3. ポーランド               7.4%
4. 韓国                       7.0%
5. イタリア                  5.0%
6. フランス                  4.1%
7. ドイツ                     3.7%
8. スペイン                 3.5%
9. ブラジル                 3.1%
10. ロシア                  3.0%
11. インド                   2.8%
12. 台湾                     2.5%

その他                       30.6%

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/24 21:07 https://markezine.jp/article/detail/1046

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング