SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

グーグル、中国でのコンテンツプロバイダ免許を更新

 米グーグルは今年3月、中国政府の要請による検索結果の自己検閲を取りやめ、中国国内のユーザーを検閲のない香港のサイトへ転送を開始した。しかし、中国政府からこの転送サービスを続ける場合、6月30日に更新予定のインターネットコンテンツプロバイダ(ICP)ライセンスの更新を行わないとの通告を受けていた。

 グーグルは、転送の代わりに香港サイトへのリンクがあるランディングページを提供する対応策をとったうえでライセンス更新の申請を行い、9日に公式ブログでライセンスが更新されたことを発表。中国国内のユーザーへウェブ検索や製品の提供を継続できることについて喜びのコメントを発表した。

【関連記事】
アジア太平洋地域のリーチ1位はグーグル
グーグル、中国検索サイトのリダイレクトを中止、コンテンツプロバイダ免許更新を目指す
Google、中国での自己検閲を廃止、検索サービスを香港にリダイレクト

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/07/14 10:16 https://markezine.jp/article/detail/10950

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング