SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「怪盗ロワイヤル」のアイテムがオークションで高額取引

 「怪盗ロワイヤル」は、DeNAの携帯ポータルサイト「モバゲータウン」で2009年10月から本格的に配信を開始したソーシャルゲーム。ユーザーが怪盗となり、ミッションをこなしながら世界中の宝を集めるなかで、ユーザー同士が仲間になり、協力して宝を集めるというコミュニケーション要素をもつゲームとして人気がある。

 オークファンが、「怪盗ロワイヤル」関連商品の落札数を調べたところ、1月は6件、2月は10件と少なかったが、4月には1279件に急増。その後も、5月に3154件、6月に4189件と上昇を続けている。

 ネットオークションでは「怪盗ロワイヤル」関連商品として、ゲーム内で手に入るアイテムの「罠」「武器」「防具」「金庫」などが多数出品されており、特に「課金アイテム」と呼ばれる有料のアイテムが高額で取引されている。また、それまでユーザが集めた大量のアイテムを「ゲームからの引退」と同時にまとめて他のユーザに譲るという内容の商品もあり、22万円で取引されている。

ユーザーが集めたアイテムを「ゲームからの引退」と同時に
まとめて他のユーザに譲るという内容の商品が高額で落札された

 オークファンの分析によると、「怪盗ロワイヤル」関連商品で1か月に10万円以上稼ぐユーザも増えており、中には100万円以上稼ぐユーザも出現しているという。

【関連記事】
DeNA、モバゲータウンを海外のiPhoneユーザーに展開
モンハン初のソーシャルゲームをモバゲーに配信
初音ミクがアーケードゲームとしてデビュー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング