SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、ネットでCMが買える「衛星CMゴーゴー」で、1パッケージ42万円から提供

 電通は、5月21日、インターネット経由での広告簡易取引の取り扱いメディアを拡大することを発表した。現在、電通は「CMGOGO(CMゴーゴー)」という名称で、地上波テレビ(全国127放送局)のスポット広告に関する簡易取引サービスを試験的に運用しているが、その範囲を拡大し、5月28日から衛星テレビ(BS/CS)についても試験サービスの運用を開始する。

 衛星テレビ放送局のCM広告に関するオンライン簡易取引サービスの名称は「衛星CMGOGO(衛星CMゴーゴー)」。このサイトで、用意されたCMのテンプレートを選び、音楽・スポーツ・ニュースなどのジャンルから希望のものを選択してCMを放送することができる。CMの秒数は30秒を基本とし、通信販売を行う企業向けには120秒の長尺インフォマーシャルへの対応も行う。また、広告主企業が用意したCM素材を放送することも可能。まずは民放系BS放送局5局、WOWOW、CS放送局54局の計60局が参加し、CM広告の購入などのサービスを実施する。

「衛星CMGOGO」のトップページ。メニューは本格稼動前のため、一部のみ公開中。
最初に会員登録を行い、企業審査を受けてから利用を開始することができる。
    

 申込みからCM放送までのプロセスはシンプルそのもの。フローに沿って、CMの目的や内容を登録して放送する「チャンネルジャンル」を選択し、100種類にもおよぶ「CMテンプレート」から希望のものを選んで、企業ロゴやナレーション、テロップなどを追加。内容が確定すると、それをもとにCMが編集・加工され、完成したら内容を確認して放送となる。

 料金は、30秒CMを7日間で10回放送する場合、BS放送では1,312,500円(税込)、CS放送では420,000~787,500円(いずれも税込)。放送回数は10回1口として最大5口まで申込み可能となっている。

プレスリリース:「インターネットによる広告簡易取引(試験サービス) 「取り扱いメディア拡大」と「サービス拡張」について」(PDF)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング