SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google、「AdWords Editor」旧バージョンのサポート終了を発表

 Googleは公式ブログ「AdWords日本版 公式ブログ」で、無料のデスクトップ用アカウント管理ツール「AdWords Editor」の旧バージョンのサポート終了を発表した。サポート対象外となるのは「AdWords Editor」の旧バージョンであるVer 2.0、2.5 および3.0で、7月10日をもってと終了となる。

 「AdWords Editor」は、PCにインストールして利用するツールで、オフラインでAdWords広告に関する情報を一気に編集し、オンラインで一括更新することが可能となる。5月に公開された新バージョンの「AdWords Editor Ver3.5」では、新しくイメージ広告の設定機能や、より狭い地域や都市レベルでのターゲット地域の細分化をはじめとした、さまざまな改善がなされている。

 Googleは今後、「AdWords Editor」のバージョンアップを行う場合、ユーザーのアップデート猶予期間として、リリース後 60日のサポート期間とすることを発表している。

Inside AdWords  -AdWords 日本版 公式ブログ-
「AdWords Editor をお使いの皆さまへ Ver3.5 へのアップグレードのお願い」(6月19日)
「AdWords Editor に新機能 - 広告の編集作業をより効率的に行うことができます」(5月10日)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/26 19:00 https://markezine.jp/article/detail/1340

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング