SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

震災後の情報発信のファイル形式に配慮呼びかけ
PDFやExcelファイル形式以外のファイル形式に

 インターネットを通じた情報提供では、アクセスが集中すると、容量が大きいPDFやExcelファイルの場合、サーバーや回線リソースを圧迫し、重要情報が閲覧できない状況が発生する。また、被災してパソコンが故障していたり、パソコンではなく携帯電話で情報を確認する場合、こうしたファイルを閲覧することが困難なケースもある。

 こうした状況を踏まえて、地方自治情報センターは、アップロードするファイルのデータ形式について配慮し、円滑な情報提供を検討するよう地方公共団体に通知を行った。具体的な予防措置は以下のとおり。

1. アップロードするファイルはPDFだけではなく、小容量な「HTML形式(テキスト)」のファイルも公開する。

2. 紙資料のスキャンファイルはPDFではなく、再利用が容易な「JPEG形式(静止画像データ)」とする。

3. 表形式データのファイルは、容量が大きくなるExcel形式ではなく、どのソフトでも開くことができて、再利用が容易な「CSV形式(表計算ソフトなどで開くことを前提に、データをカンマ(,)やスペース、タブ等で区切って並べたテキスト形式)」とする。 

【関連記事】
ヤフー、トップページに電力使用状況メーター表示
震災情報の信頼度「NHK」が1位、ソーシャルメディアは功罪相半ば
震災後の生活者のマインド変化、ポジティブ傾向が回復、ネガティブは平常時の10倍

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング