SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

社内ブログ機能付きグループウェア「Aipo」を販売開始

 GMOホスティング&セキュリティ株式会社と株式会社エイムラックは業務提携し、GMO-HSのホスティングブランド「ラピッドサイト」のVPSホスティングサービス「RV-7」シリーズにおいて、エイムラックが提供するグループウェア「Aipo(アイポ)」を、オプションサービスとして6月25日から販売開始し、同日より「Aipo」も利用可能な「RV-7」シリーズの無料トライアルサーバーも提供開始する。

 VPSとは、Virtual Private Serverの略で、1台のサーバーであたかも専用サーバーのような環境の仮想サーバーを複数動作させたレンタルサーバーのことだ。共有サーバー並みに安価で、専用サーバーのように拡張性に優れているのが特徴。

 GMO-HSのホスティングサービス「ラピッドサイト」の「RV-7」シリーズは、複数ドメインの運用や、ビジネスシーンでも活用できる高機能アプリケーションをサーバーに標準搭載したVPSホスティングサービス。一方、エイムラックが提供する「Aipo」とは、グループウェアとしてのスケジュール共有機能に加えて、SNS・社内ブログ(イントラブログ)といったコミュニケーション機能を1つにした、ソーシャルウェアアプリケーション。

 今回の業務提携により、「Aipo」が「RV-7」シリーズに標準搭載されることで、ユーザー側で「Aipo」の導入・設定作業が不要となり、今まで「Aipo」の普及にとって障害ともなっていた導入時におけるサーバーインストール型特有の煩雑な作業が解消される。また、社内で使うアプリケーションを、ホスティングサービスで利用する際に問題となるセキュリティ環境においても、「RV-7」シリーズではファイアウォール機能を標準搭載しており、セキュアな環境で「Aipo」を含めたアプリケーション利用できる。

ニュースリリース:社内ブログ機能付きグループウェア「Aipo」を販売開始


この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/09/12 18:10 https://markezine.jp/article/detail/1366

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング