MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Googleマップを使ったデジタルサイネージが登場

2011/05/23 12:35

 今回開発した地図アプリは、Googleマップを、観光地や駅の構内、街中などに設置されているデジタルサイネージでも閲覧できるように開発したもので、50インチ前後の大型タッチパネルを搭載したデジタルサイネージであっても、タッチ操作で地図の拡大・縮小、スクロール表示を行うことができる。

Google マップの航空写真地図、のストリートビューを採用
表示言語は、日本語・韓国語・中国語・英語の4か国語に対応している
画像権利表記:(C)2011 Google ‐ 地図データ(C)2011 ZENRIN

 このデジタルサイネージ向けの地図アプリは、ゴーガの協力のもと、「Google Maps API Premier」を採用して開発された。6月26日には、博多港国際ターミナルで導入されることが決定している。

【関連記事】
ドコモ、スマートフォン向けに地図アプリを試験提供
駅ナカにおけるデジタルサイネージの効果検証を発表、平均視聴率19.05%
中高生のアプリ開発者を対象に「アプリ甲子園」開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5