SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

コンテンツ連動型広告をやめた理由1位は
「費用対効果が合わない」

 ジェイ・リスティングは、リスティング広告(検索連動型広告およびコンテンツ連動型広告)の出稿業務に携わっている企業の担当者400名(広告代理店を除く)を対象に5月中旬に調査を実施した。コンテンツ連動型広告の主な利用目的は、「ホームページへの集客」と「自社や商品・サービスの認知・理解促進」が突出して多くなっている。

コンテンツ連動型広告の利用目的

 広告主が評価している主なポイントは、「小額で出稿できる」「集客力がある」「クリックされないと費用が発生しない」の3点。逆に、評価が低いポイントには「サポートの充実」「費用対効果」があがっている。

 コンテンツ連動型広告の利用をやめた理由としては、「費用対効果が合わない 」が最も多く、「クリックされても販売など最終的な目的に到達しない」が続いている。また、コンテンツ連動型広告の課題と感じていることは、「無駄なクリックが多い」「不正クリックが心配だ」で、クリック保証型(CPC)広告の本質的な課題が浮きぼりとなった。

【関連記事】
楽天グループ、グーグルの検索・コンテンツ連動型広告を導入
携帯コンテンツ連動型広告配信「i-mobile」月間56億インプレッション突破
Jリスティング、韓国検索ポータル「NAVER」の広告代理販売をスタート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング