SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

任天堂、3D番組がいつの間にか届いている
「いつの間にかテレビ」スタート

 「いつの間にテレビ」は、無線通信環境がある家庭で、ニンテンドー3DS本体を「いつの間に通信」可能状態にすると、数分間の3D映像コンテンツが毎日自動的に供給され、視聴することができる。3D映像はすべてオリジナルコンテンツとして制作され、広告コンテンツとともにニンテンドー3DS本体に対して無料で配信される。

 「いつの間に通信」は、ニンテンドー3DSがスリープモード状態のときに、家庭内外の無線LANアクセスポイント、あるいは「ニンテンドーゾーン」を自動的に探索し、インターネットを通じて情報やゲーム関連データ、無料ソフト、映像などが“いつの間に”か届けられる機能。

 日本テレビは「日テレどうぶつDEカレンダー」「マジック教室3D」、フジテレビは「3Dちょうこくの森」「ENJOY! SPORT」などの番組をそれぞれ配信する。

【関連記事】
任天堂、コントローラにタッチスクリーンを搭載した「Wii U」発表
DeNA、Yahoo!モバゲーに3D仮想空間「ピコピコタウン」開設
資生堂、銀座から「マジョリカ マジョルカ」のメーク番組をライブ配信
電通ら3社、ARで蝶を捕まえるスマホ向けソーシャルゲームを世界配信
スマホでダウンロードするアプリ、20代女性の6割が「ゲーム」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング