SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

初心者Webマーケター向けメールマーケティング入門

Webマーケティングにメールを使おう!【2】
配信ツール選びと、効果分析

 初心者Webマーケター向けに、配信ツール選びと、効果分析の方法を伝授します。

ASP?専用システム? 自社にあった配信システム選定のポイント

 メールを配信するには、配信するツールが必要となります。小規模で実施する場合、通常のメールソフトからBCCによる一斉同報配信も可能ですが、個人情報漏洩等のリスクもありますので、専用の配信システムを利用する方が望ましいです。

 自社の用途にあわせて選べる、ASP型のサービスがオススメです。基本的に、登録レコード数や月の配信数などに応じた料金を月ごとに支払う仕組みになっており、利用者側にそれほど負荷がかからないからです。しかし、保持しているアドレス数が非常に多い場合は、ASPサービスではなく、専用のシステムを導入したほうが効率的かもしれません。

 ひとくちに配信システムといっても、提供機能はシステムによって大きく異なります。選定の際は、メールマーケティングで何をしたいのか、システム要件を整理しましょう。ポイントとなるのは、以下の項目です。

  • 配信スペック(配信速度や負荷対応)
  • 携帯やHTMLメール、データの差し込み
  • エラー処理ロジック
  • フォームやWebとの連携
  • データベースやフォームなどの設定の自由度
  • 配信ロジック
  • 結果分析

 また、配信作業を社内で行う場合には、操作のしやすさも考慮した方がよいでしょう。その際は、配信設定にかかわる作業だけでなく、データの登録作業などの関連機能についても、見ておきましょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
配信結果分析で見るべき指標 クリック率、開封率、コンバージョン率

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
初心者Webマーケター向けメールマーケティング入門 連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/01/12 08:00 https://markezine.jp/article/detail/14637

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング