SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アイレップ、今年の「SEM業界10大ニュース」を発表

 アイレップ SEM総合研究所は、2011年のSEM業界における10大ニュースを発表した。

2011年検索エンジンマーケティング業界10大ニュース
1位 パンダ・アップデート
2位 米Yahoo!、Bingへの移行を順調に進める
3位 ヤフーの「スポンサードサーチ Ver.3」 プラットフォーム移行完了
4位 米Google 検索サービスにSSL接続導入 検索キーワード解析に影響
5位 Google+ リリース
6位 Adobe Systems、Efficient Frontier買収
7位 MicrosoftとGoogleがネット上で対立
8位 Google、スパムリンク取り締まり大幅強化
9位 キュレーション系サービス、各社次々にリリース
10位 デジタルマーケティングは統合管理の時代へ 10位 デジタルマーケティングは統合管理の時代へ 

 1位は「パンダ・アップデート」。米グーグルが導入したコンテンツ品質の評価に関するランキングアルゴリズム、通称「パンダ・アップデート」が欧米で大きな注目を浴びた。国内ではまだ公式に適用はされてはいないものの、2012年には、日本でも遅かれ早かれ導入されることが予想されている。

 アイレップのサイトでは、トップ10の項目について詳しい解説も掲載しているので、気になるトピックを見つけたらチェックしておこう。

【関連記事】
Googleのパンダ・アップデートで狙われたサイトは?
ヤフー、スマートフォン版「検索ワードランキング」発表
「今年の漢字」をフェイスブックやツイッターから分析する 「私の漢字2011」
YouTubeで振り返る2011年 総合ランキング1位は「九州新幹線」の感動CM
Facebookで人気の「ソーシャル就職企業ランキング 2013」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/12/27 11:53 https://markezine.jp/article/detail/14927

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング