SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Googlerになって傑作動画を発掘!グーグルがYouTube関連職を採用開始

 米Googleの日本法人、グーグル株式会社がYouTube関連職の募集を開始した。

 日本語の職種名は「動画コミュニティー・マネージャー」。仕事内容は「YouTubeコミュニティの支援業務全般」「膨大な動画からの傑作の発掘」だ。

 採用サイトに掲載された仕事内容と対象者、望ましい経験は次の通り(一部抜粋)。

【仕事の内容】
・GoogleによるYou Tubeコミュニティの支援業務全般
・コミュニティ上の膨大な動画からの傑作の発掘
・革新的な動画配信方法の提案と開発
・サイト運営上で発生するメンテナンス支援
・エディターVlogのコンテンツ制作とプログラミング

【対象となる方】
・4年制大学卒以上(職種未経験者・業界未経験者歓迎)
・ハイテク業界における2年以上の業務経験
・音楽、テレビ、映画、ゲーム、アニメ、コメディ、サイエンス、テクノロジー、旅行、スポーツのうち、 いずれか1つ以上の分野に関する深い知識
・最先端のインターネット、テクノロジーおよびポップカルチャーに対する興味と知識
・英語で不自由なく意思疎通できる語学力

【あると望ましい経験】
・GoogleやYouTubeに関する知識とユーザ経験
・ブログやVlogの利用経験
・動画制作、映画制作の経験

 最も注目される企業の最も注目されるサービスに関われるチャンスである今回の採用。倍率は厳しそうだが、「ポップカルチャーに対する興味と知識」を武器にGoogleの職が得られる機会はそう多くはないだろう。

【参考】 次なるWEB文化を創出!動画コミュニティー・マネージャー(リクナビnext)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/08/06 08:33 https://markezine.jp/article/detail/1572

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング