SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「政治」関連の人気サイトランキング(2012年05月)

donnamediaによれば、2012年05月の「政治」関連の人気サイトランキングは下記の通り(1位から20位まで)。

1位 MSN産経ニュース 410,000,000(約3.5%↑)
2位 日本経済新聞 215,000,000(約14%↑)
3位 時事ドットコム 121,000,000
4位 city.nagoya.jp 15,900,000
5位 横浜市ホームページ 14,600,000
6位 blogos.com 13,300,000(約12%↑)
7位 pref.yamagata.jp 12,400,000
8位 中央日報 11,200,000(約5.1%↑)
9位 法令データ提供システム 10,900,000(約14%↑)
10位 satsuma-net.jp 10,200,000(約20%↑)
11位 青森県産業技術センター 7,000,000(約85%↑)
12位 札幌市 6,500,000
13位 内閣府 6,400,000(約33%↑)
14位 AFP BB News 6,300,000(約12%↑)
15位 ニュー速クオリティ 6,200,000
16位 外務省 5,900,000(約3.9%↑)
17位 電子政府の総合窓口 5,700,000
18位 東京都福祉保健局 5,300,000(約1.6%↑)
19位 京都市情報館 5,100,000(約16%↑)
20位 現代ビジネス 4,800,000(約11%↑)

(各行左から、順位、サイト名またはURL、月間ページビュー、前月との増加率)

本ページ記載の情報はインターネット利用者を対象として独自に推計した値です。実際の値よりも過大もしくは過小に表示される場合がありますのでご了承ください。カテゴリはインターネット上のデータを基にした自動分類によるものです。

【関連記事】
テレビ・パソコン・スマホのマルチスクリーン時代 グーグルが取り組むクロスメディア広告効果検証「SSP Initiative」
「人づて採用」をソーシャルグラフが発展させる 信頼が決め手のリファーラルリクルーティングとは
Facebook、スポンサー記事の掲出先を選択して購入可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/06/08 10:00 https://markezine.jp/article/detail/15812

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング