MarkeZine(マーケジン)

記事種別

大日本印刷、おサイフケータイとNFCに対応した「スマートビューロ」スタート

2012/09/06 14:00

 大日本印刷は、おサイフケータイやNFC(※1)を搭載したスマートフォンに、クレジットカードや会員証、電子マネーなどの機能を追加するサービス「スマートビューロ」を9月に開始する。現在提供しているおサイフケータイ向けサービスを、NFC搭載スマートフォンにも対応する。おサイフケータイに加えNFC搭載スマートフォンにも対応したリモート発行サービスは世界初。

 スマートフォンの普及に伴い、クレジットカードや会員証、電子マネーなどの機能を、サービス事業者の企業に代わって、ネットワークを通じて安全にスマートフォンに追加するSP-TSM(Service Provider-Trusted Service Manager)サービスへの需要が高まっている。DNPは、ICカードの発行や高セキュリティなネットワークサービスの提供で培ったノウハウを活かし、2005年4月より提供しているおサイフケータイにクレジットカードなどの機能をネットワーク経由で追加するサービス「モバイルビューロ」を発展させ、NFC搭載スマートフォンに対応した「スマートビューロ」として、新たにサービス提供を開始する。

 「スマートビューロ」は、クレジットカード会社などのサービス事業者に代わって、クレジットカード番号や会員IDなどの個人化情報を、生活者のスマートフォンにネットワークを通じて安全に追加するサービス。

 スマートフォン向け個人化情報(クレジットカード番号や会員IDなど)の生成、スマートフォン向けアプリケーションおよびスマートフォンに搭載されているUICC(※2)向けICアプリの開発、個人化情報のパーソナライズサーバーの運用、生活者へのサービス案内、サービス開始に必要な情報の印刷・郵送またはメール配信などを可能にする。

 また、高セキュリティなDNPのデータセンターで運用し、VISAとMasterCardのブランド認定、およびPCI DSS(※3)認定を取得する予定。DNPは、本サービスを金融や流通・小売業などに提供し、今後5年間で10億円の売上を目指す。
 
(※1)NFCとはNear Field Communicationの略。13.56MHzの周波数を使用した近距離無線通信の規格でISO(国際標準化機構)によって国際規格化されている。国内では、交通系を中心に普及しているFeliCaや、国内外の住民基本台帳カード、運転免許証などの公共系カードなどで広く普及しているISO/IEC14443TypeA/Bと互換性がある。
(※2)携帯電話の加入者識別情報を記録したICカードのこと。
(※3)PCI DSSとはPayment Card Industry Data Security Standardの略。 VISA、MasterCard、JCBなどの国際決済カードブランド会社が、カード発行会社や加盟店などに対して、カード会員の情報保護や安全な取引の実現などを目的として共同で策定したセキュリティの業界基準。

【関連記事】
大日本印刷とTMNが業務提携、NFC活用シンクライアント型電子決済システムなど提供
経済産業省、平成23年度国内電子商取引市場調査結果発表 国内BtoCのEC市場規模は8.5兆円に成長
ソフトバンクとペイパルが合弁会社を設立、スマホでできる決済サービス「PayPal Here」を展開
日本の携帯電話利用動向、4人に1人はスマホユーザー スマートフォン市場ではアンドロイドが主流
スマートフォン国内普及率は18.0% “携帯流通マネー”は年間2兆5,000億円規模

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5