MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「食の安全・安心ブランド調査2012」結果発表、キリンビールがトップへ大躍進

2012/09/21 12:30

 日経BPコンサルティングは、「食の安全・安心ブランド調査」を実施し、9月21日に調査結果を発表した。本調査は、食べ物や飲み物を製造・販売する企業や、外食関連企業・店舗など300ブランドの「安全・安心」イメージを消費者に聞いたもの。

食の安全・安心ブランドスコア 上位20ブランド

 1位となったのは、昨年の20位から躍進したキリンビール。「利用意向度」「推薦意向度」「イメージ」は10ポイント以上も昨年の結果を上回り、30代以下の若年層の評価が上がった点も特徴的であった。2位はサントリー(昨年1位)、3位キューピー(昨年2位)と続いた。

食関連ブランドの安心イメージに対する意識

 また、66.8%が食関連のブランドが持つ「安心」というイメージを気にすると回答。消費者に対して「安心」イメージを伝える事の重要性が明らかになった。

【調査概要】
調査手法:インターネット調査
調査企画・実施:日経BPコンサルティング
調査実施期間:2012年6月27日~7月22日
有効回答数:22,253人
回答者属性:
【性別】男性50.3%、女性49.7%
【年齢】29歳以下16.1%、30歳代19.9%、40歳代20.0%、50歳代18.0%、60歳代21.1%、70歳以上4.9%。平均年齢46.8歳
【居住地域】北海道・東北6.9%、関東49.7%、中部13.8%、近畿18.1%、中国・四国5.6%、九州・沖縄5.8%
調査対象ブランド:国内の主要な食品関連の企業、商品、店舗など計300ブランド

【関連記事】
ブランド力1位は「日本マイクロソフト」、「グーグル」は8位に後退
約4割のユーザーがお得情報に期待 企業&ブランドFacebookページの利用実態とは
「Webブランド調査2012-春夏」発表 サントリー、McDonald’s Japanがトップ10入り
ソーシャルメディアを通して好きになった企業・ブランド1位は「無印良品」
AMNとサントリー、ソーシャルメディアでお客を呼び込むための支援を飲食店に無償提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5