SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

現地に行かずに売る!中国SEO/SEM

百度のウェブマスターツール、アクセス解析ツールでSEO対策しよう

 海外進出、MarkeZine読者ならSEO/SEMでしませんか? 本連載では、中国における傾向と対策をお届けします。

百度のウェブマスターツールを使ってSEO対策

 Googleにウェブマスターツールがあるように、百度でもウェブサイトをモニタリングできるツールがあります。

http://zhanzhang.baidu.com/

 こちらのページ(http://zhanzhang.baidu.com/welcome)にツールの使い方が書いてあります。中国語ですが、ブラウザの自動翻訳(Google Chrome等)などを活用しながら、SEO対策として、ぜひ以下の2つのことを行ってください。

百度ウェブマスターツールでやるべきこと[1]サイトマップ登録

 ウェブマスターツールでは、サイトマップを登録することができます。サイトマップを事前に登録することによって、検索エンジンのクロールエラーやインデックス漏れを把握することができるようになります。

 中国語のウェブサイトを作成した場合は必ずサイトマップを設定しましょう。ただし、サイトマップを設置したからといって検索エンジンのランキングが上がるわけではないということをご注意ください。

百度ウェブマスターツールでやるべきこと[2]百度へのURL登録

 百度では、下記のページで検索エンジンにインデックスの申請をすることができます。

http://zhanzhang.baidu.com/sitesubmit

 これによって検索エンジンへのインデックスが保証されるわけではないですが、インデックスのスピードが速まることもありますので、必ず申請することをオススメします。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
百度アクセス解析ツールでも、SEO分析ができる!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
現地に行かずに売る!中国SEO/SEM連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山岸 ロハン(ヤマギシ ロハン)

株式会社インフォキュービック・ジャパン 代表取締役1974年生まれ。留学のためアメリカに渡米しMinnesota State University, Mankatoを卒業。1998年より米国にて検索エンジンマーケティングに従事、SEO、リスティング広告のノウハウを習得。5年をかけて世界中に検索エンジンマーケ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/12/13 08:00 https://markezine.jp/article/detail/16666

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング