SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

女性の4割が写真の出来に「満足していない」、撮影した写真を「編集・加工」している人は35.1%

 千趣会が運営するベルメゾン生活スタイル研究所は、ベルメゾンデッセ会員1836名を対象に、日頃、撮っている写真の楽しみやこだわりについてアンケート調査を実施した。

 日頃、写真を撮ることを「楽しんでいる」と答えたのは3人に2人、また「楽しむことが増えている」は2人に1人。年代別では、29歳以下の約7割が「楽しむことが増えている」と回答し、若い世代を中心に「写真を撮ること」自体が日常化してきている。

 その一方で、自分で撮った写真の出来に「満足していない」と答えた人は4割以上。「背景」や「光の加減」「構図」など、より専門的でキレイな写真を目指している人が多く、手軽にキレイな写真が撮れる“ミラーレス”一眼レフカメラへのニーズも高い。

 また、撮影した写真を「編集」「加工」している人は35.1%。「人に楽しんでもらうため」「blogやSNSに載せるため」というのが主な理由で、自分以外の人に喜んでもらうことを意識しているケースが多い。

【調査概要】
調査方法:ベルメゾン生活スタイル研究所が運営するベルメゾンデッセに会員登録している20-69歳の全国の女性で有効回答数は1,836人。
インターネットを使って2012年10月12日~10月14日に実施。

【関連記事】
蜷川実花っぽい写真ができる、本人監修カメラアプリ「cameran」
「LINE camera」、ローソンがスタンプ無償配布と「おもしろフォトコンテスト」
世界を漫画化する「漫画カメラ」87万ダウンロードを突破
スマホ最強女子アプリ、iPhoneは「一眼トイカメラ」Androidは「FxCamera」
「はい、チーズ」に代わるオモシロかけ声は? 【カメラ女子1000人調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング