SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「野球」関連の人気サイトランキング(2012年10月)

donnamediaによれば、2012年10月の「野球」関連の人気サイトランキングは下記の通り(1位から20位まで)。

1位 nikkannsports 150,000,000(約20%↑)
2位 SANSPO 104,000,000(約3.4%↑)
3位 Number Web 42,000,000
4位 sportiva.shueisha.co.jp 24,000,000(約89%↑)
5位 www.lixil.co.jp 23,200,000(約7.5%↑)
6位 hb-nippon.com 7,600,000(約73%↑)
7位 www.hb-nippon.com 7,600,000(約74%↑)
8位 中日ドラゴンズ 公式サイト 3,500,000(約23%↑)
9位 tohto-bbl.com 3,200,000(約25%↑)
10位 big6.gr.jp 3,200,000(約69%↑)
11位 東京六大学野球連盟 3,200,000(約69%↑)
12位 MLB.com 3,000,000(約17%↑)
13位 SWALLOW SPRTS 2,700,000
14位 ドラフト会議で指名された甲子園の星達 2,600,000(約440%↑)
15位 www.tokyo-hbf.com 2,200,000(約170%↑)
16位 xxxxxxxx.jp 1,700,000(約14%↑)
17位 横浜ベイスターズ 1,700,000
18位 bukatsuganba.com 1,400,000(約82%↑)
19位 jsbb.or.jp 1,100,000(約61%↑)
20位 BASEMAN 740,000(約40%↑)

(各行左から、順位、サイト名またはURL、月間ページビュー、前月との増加率)

本ページ記載の情報はインターネット利用者を対象として独自に推計した値です。実際の値よりも過大もしくは過小に表示される場合がありますのでご了承ください。カテゴリはインターネット上のデータを基にした自動分類によるものです。

【関連記事】
ノンクリエイターでもプロっぽい写真を撮る方法 光の効果的な活用方法
スマホ所有率が最も高いのは「アジア太平洋地域」、意外と低い日本のクロスプラットフォーム率【ニールセン調査】
ブレインパッドとウイングアーク、ビッグデータ時代のBI/BA領域で協業

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング