MarkeZine(マーケジン)

記事種別

新横浜ラーメン博物館が「世界のラーメン事情」をレポート、世界のご当地ラーメン店を日本へ誘致

2013/03/06 13:10

日本式ラーメンの世界進出

 新横浜ラーメン博物館の調査によると、ラーメン店の数が最も多いのは、アメリカの305店舗で、タイ(171店舗)、シンガポール(148店舗)、中国(125店舗)が続いている。世界のラーメン店の数(2013年2月現在)を見ると、欧米、アジアを中心に店舗数が増えており、世界で1000店舗を超えている。

 世界各国でラーメン店が誕生したのは今から30年ほど前。NYの「SAPPORO」(1975年)、パリの「HIGUMA」(1984年)が先駆けとなった。これらの店は、日本に店舗がなく、現地の日本人が始めたもの。そして、日本のラーメン店が海外進出したのは1992年、「8番らーめん」がタイに進出したのが始まりと言われている。その後2000年代中頃から一気に日本の有名ラーメン店が海外進出を果たし、徐々にラーメンの注目度が高まってきた。

高まる日本食への注目度、ラーメンが「日本食新御三家」に

 10年前の日本食の代表といえば「寿司・天ぷら・刺身」だったが、この10年で変わりつつある。「訪日外客訪問地調査」(JNTO 2009年「訪日外客訪問地調査」)では、訪日外国人が期待する動機として長年1位の座にあった「ショッピング」に代わり、「日本の食事」が1位となっている。そして、「特に満足した日本の食事」のランキングででは、天ぷらに代わり、ラーメンが2位にランクインしている。

ドイツ・フランクフルトのラーメン店
ドイツ・フランクフルトのラーメン店

 こうしたラーメン人気の背景にはアニメなどのサブカルチャーの影響や、日本式の「ダシ」の「UMAMI(うま味)」への注目もあるようだ。

 開館20年目を迎えた新横浜ラーメン博物館は、世界のご当地ラーメン店(日本にお店がなく、現地の気候・風土・食文化を取り入れたラーメン店)を4月24日にオープンする。さらに世界のラーメン事情を動画で紹介する「World Ramen Report」を5月1日から配信する。

【関連記事】
Tokyo Otaku ModeのFacebookページ、1,000万Like!突破
KFCの超肉食系新商品「ケンタッキーチキンライス」に栗原類を起用!
外出先でスマホを使って飲食店を検索する人は6割超
食べログ、今年の「ベストレストラン」「ベストラーメン」「ベストスイーツ」を発表
「LINE」の企業スポンサードスタンプ、第一弾は日清食品とローソン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5